ママチャリの後輪ブレーキ交換

主に安価な自転車の後用ブレーキとして付いているバンドブレーキ。


ドラムブレーキの一種で、車輪と共に回転するドラムをバンドで締めてブレーキが掛かります。

バンドブレーキは古くなってくると内部の摩耗、腐食、汚れなどが原因で「キキキ────ッ」とお馴染みの耳障りな音が鳴ってしまいます。

初期の段階であれば直せる場合もありますが、基本的に一度鳴りだしてしまうと直すことが難しいため原則交換となります。


ちなみに過去ブログにも書きましたが、当店では子供車など一部例外はあるもののバンドブレーキの自転車は取り寄せのみの対応にしており、お店の在庫として仕入れることはしておりません。

当店で並べているママチャリは全て音鳴りがしない(鳴っても直せる)「ローラーブレーキ」が付いたモデルのみとしております。




前置きが長くなってしまいましたが、今回は音が気になるという事でバンドブレーキの交換作業を行いました。


交換する際はバンドブレーキの発展型で音鳴りがしにくい「サーボブレーキ」への交換をおすすめしております。


ローラーブレーキとやらに交換しないの?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、車輪との互換性がありませんので、もしもローラーブレーキでご希望の場合は車輪も交換が必要となります。



特に忙しくなければ30分程度の作業で、お値段はサーボブレーキ代と工賃の合算で税込4,400円(※料金は定期的に見直しを行っておりますので実際と異なる場合がございます)。


音鳴りが気になっている方はご相談ください。

最新記事