ノーパンクタイヤのデメリット


この時期になってくると通学用にと親子のお客様がいらっしゃいます。

そこでよく受けるご質問が

「パンクしない自転車は置いていないの?」

というもの。

ホームセンターなどに行ってみると「パンクしない!」と書かれたPOPを付けた自転車が大量に並んでいるのをよく見かけます。

当店が取り扱うメーカーからもいわゆる「ノーパンクタイヤ」の自転車は発売されていますので欲しいという方にはお取り寄せで対応しております。

しかし当店の場合は事前にメリットデメリットを説明したうえでご検討をお願いしております。

パンクとは?

基本的なお話になりますが、従来のタイヤの中には空気で膨らませたチューブが入っていて、異物が刺さるなどして空気が漏れてしまう状態を言います。

ノーパンクタイヤはいくつかのタイプがありますが、空気の代わりに固形素材を詰めたものやタイヤと一体形成されているものなどが一般的に普及しています。


画像:タンナス社製ノーパンクタイヤ


そもそも空気が入っていないから空気を補充する必要もないし何が刺さってもパンクしないわけです。

これが唯一で最大のメリットとなります。

ここだけ見ると凄く魅力的で全ての自転車にこれを入れておけばいいじゃないかと思ってしまいますよね。

しかし、パンクしないという利を得るために以下のような多くの部分を犠牲にしていることも同時に覚えておかなければなりません。

【タイヤが重くなる】

最近のは軽さを謳ったものもありますが、タイヤ内の空洞部分を埋めていますので重量が増してしまう物もあり人によってはペダルが重く感じます。

【滑りやすい】

一体形成タイプの場合は通常のタイヤとは違う素材を使用していてグリップが比較的弱く、雨天時のマンホールや横断帯のような白線などでスリップをするリスクが高まり注意がより必要となります。

【乗り心地が悪くなる】

空気を無くしたことでクッション性がなくなり路面からの振動や衝撃を体に伝えやすくなります。

適正空気圧がMAXの状態のタイヤと変わらない乗り心地と謳っているメーカーもありますが、スポーツ車ほど高圧に空気を入れるわけではない軽快車(ママチャリ)の場合で同じ理屈はそぐわないと個人的には感じています。

事実ノーパンクタイヤ装着の自転車で普通のタイヤにしたい(戻したい)とご相談に来るお客様も一定数いらっしゃいます。

【スポークが折れやすくなる】

前述のように衝撃が伝わりやすくなりますのでスポーク(車輪の細い棒)が金属疲労で折れやすくなります。 

当店だけでも年に数台はこの手の修理がやってきます。

修理の内容によっては一旦タイヤを外さなければならない場合もありますが、ノーパンクタイヤは付け外しが大変なものが多く、タイヤの破損を覚悟していただく必要もあり結果的に新しくタイヤを買い替えなければならないケースがあります。

【料金が高額】

普通のタイヤと比べるとどうしても単価は高いです。

ノーパンクタイヤも摩耗して交換時期がいずれやってきますが、前述のように付け外しに手間も時間も掛かるために工賃(作業料)を割高で設定しているお店も珍しくありません。(そもそもノーパンクタイヤを扱っているお店探しが大変かも・・・)

要約すると、パンクしない代わりに乗り味が変わってしまううえに車輪の修理など思わぬ出費やタイヤ交換時の料金も割高なため維持費はそれなりの覚悟が必要かと思います。

以上がデメリットとして考えられる点です。

誤解しないでいただきたいのはパンクしないのは確かに大きなメリットです。

パンクをしてしまい途方に暮れて自転車を押して帰る思いをしたくないという方にとっては大変心強いアイテムであることは間違いありません。

ノーパンクタイヤが駄目ということではなくメリットばかりを見ずにデメリットもちゃんと理解してご購入いただきたいという思いでおります。


高いお買い物をして後悔のないように、ご検討中の方は参考にしていただければ幸いです。

#ママチャリ

店舗情報

Bike Rebliss(バイク・リブリス)

〒024-0071 岩手県北上市上江釣子19地割145(1F)

営業時間|午前10:00-12:00 午後13:00-19:00

定休日|毎週月曜 / 隔週火曜(第2・4)

  • Facebook Social Icon

決済サービス

クレジットカード】VISA・MASTER

 ※ JCB・AMEX・DINERS は1回払いのみ対応

ショッピングローン】JACCS・ORICO

​【電子マネー】交通系ICカード・楽天ペイ・PayPay 他

© Bike Rebliss. All Rights Reserved.