タイヤの空気管理って大事


皆さんはこれが何かわかりますか?


法的にやばい粉ではありませんが、自転車的にはやばい粉です。

ヒント(というか答え)はチューブ!


チューブの表面をよく見ると模様のようなものが付いています。

実はこれチューブが削れてできてしまったキズなんです。

粉の正体はこのチューブの削れてできたカスだったんですねー。

どうしてこんなキズになってしまうかというとタイヤの裏面に答えがあります。


タイヤの内部には空気圧や荷重が加わっても形を維持できるように「カーカス」と呼ばれる層があり主に編み込まれた繊維でできています。

チューブと接するタイヤの裏面にはその編み目が浮き出ていますが、空気管理を怠ると悪さをする原因となります。

チューブがしっかり膨らんでいないまま走行すればタイヤ内部でチューブは伸縮したり捻じれたりと「ずれ」が大きく生じ、タイヤ裏面で削られて編み目の模様が刻まれていきますので、そのまま走り続けているとキズがどんどん深くなりやがて穴が開いてしまいます。

このチューブの傷はタイヤの裏面に接している部分全体に刻まれますので、その場しのぎでパッチ修理しても別な箇所で再びパンクしてしまうこともあるため、頻繁にパンクしてしまう場合はチューブ交換をおすすめ致します。

修理してお客様とお話ししていて「空気は1度入れたら減らない」と思い込んでいる方も意外と多い印象を受けます。

残念ながら空気が漏れないように完全密閉することは難しく、風船もやがて萎んでいくようにチューブも少しずつ萎んでいきます。

空気が足りないことで生じるパンクのリスクや走行の際のデメリットは他にもいろいろあります。

最低でも1ヶ月に1度程度は空気を補充するように心掛けましょう。

あなたのチューブは大丈夫???

#タイヤ #メンテナンス

店舗情報

Bike Rebliss(バイク・リブリス)

〒024-0071 岩手県北上市上江釣子19地割145(1F)

営業時間|午前10:00-12:00 午後13:00-19:00

定休日|毎週月曜 / 隔週火曜(第2・4)

  • Facebook Social Icon

決済サービス

クレジットカード】VISA・MASTER

 ※ JCB・AMEX・DINERS は1回払いのみ対応

ショッピングローン】JACCS・ORICO

​【電子マネー】交通系ICカード・楽天ペイ・PayPay 他

© Bike Rebliss. All Rights Reserved.