​一般車を買う時にチェックすべきポイントとは

所謂ママチャリは1万円程度の廉価モデルから10万円近くする高額なモデルまで幅広く販売されています。

ギアやライトなど各所のスペックの違いをはじめ、一見同じような部品であっても材質の違いのほか精度・耐久性などといった特性や品質の違いが価格の違いにつながってくるのですが、細かい違いはうやむやなまま購入されてしまう方も少なくないと思います。

​以下の項目では材質や部品の違いなどをご説明し、実際にお店でご質問される際の参考にしていただければと思います。

また、ページ下にある「おすすめブログ」も併せてご参照ください。

​◆部品材質

:安価だが錆びやすい。黒く塗られ廉価車で多用されることが多いが、価格を抑えるため廉価車以外で使われることもある。

樹脂:主にカゴやブレーキレバーなどで使用される。倒したりしても金属のように変形することがなく軽量で比較的に安価。

アルミ:「軽い」「錆びに強い」が特徴。車体(フレーム)までアルミ製の自転車は漕ぎ出しが軽く坂道にもおすすめ。

ステンレス:「頑丈」「錆びに強い」が特徴。高額車で多用され、耐久性が求められるような通学や通勤用などにもおすすめ。

【主な箇所】ハンドル周り・車輪・クランク・カゴ・泥除け・スタンド・荷台・シートポスト など

​◆前輪ブレーキ

シングルピボット:左右のアームを1本の軸で固定した一般的なリムブレーキ。

ダブルピボット:2つ目の軸を設けることでテコの力が増し、軽い力でもブレーキが効きやすい。デュアルピボットとも。

​◆後輪ブレーキ

バンドブレーキ:廉価車に付いているブレーキ。古くなるとキーキーと不快な音が鳴り出しブレーキ全体の交換修理となる。

サーボブレーキ:不快な異音が発生しにくいバンドブレーキの発展型。バンドブレーキと互換性あり。

​ローラーブレーキ:ドラムにローラー(カム)を押し当て減速するブレーキ。静音で異音が出ても直すことが可能。
 

​◆ライト

ブロックダイナモ:タイヤに押し当て発電するON/OFF手動式。LED仕様は発電時の抵抗が少なく比較的静音で明るく長寿命。

オートライト:自動点灯式で無灯火対策におすすめ。ブロックダイナモのように抵抗が生まれず音も静か。LEDが主流。

​◆変速ギア

シングルギア:変速機構がないタイプ。

外装式:主に6段ギア。後輪の歯が6枚むき出しになっていてペダルを漕ぎながら操作をしないと切り替わらない。比較的安価。

内装式:主に3段ギアで走行中でも停車中でも切り替え可能で操作が簡単。ギア歯は後輪内部に収まっており基本メンテフリー。

​◆チェーン

普通のチェーン:一般的なチェーン。定期的な注油をしないと錆びてきてキリキリと異音が出始めます。

ガードチェーン:防錆コーティングがされていて比較的錆びに強く長寿命だが注油は必要。メーカーによって名称が異なる。

ベルトドライブ:カーボン繊維などを織り込んだ非金属なので強靭で人力程度で切れたりする心配がなく錆びとも無縁。

シャフトドライブ:ペダルを漕ぐと棒状のシャフトが回転し後輪に無駄なく力を伝えられる。見た目もすっきりで未来的。

価格と品質は比例しがち

繰り返しとなりますが自転車は「お値段=品質」がそのまま出てしまいがちな商品です。

安いに越したことはないのかもしれませんが品質が劣る自転車にお金を払い、さらに頻繁に壊れて修理代がかさんでしまっては元も子もありません。

当店では安全・快適にご使用いただくうえで極端に安い低品質のものは基本的にお店の在庫にはしておりません(お取り寄せのみで対応しております)。

そのため全体的に高い自転車ばかりのような印象を持たれがちですが、当店の場合は自宅を店舗にして個人でやっているお店なので諸経費が殆ど掛からないため、最低限の利益設定で販売出来る強みがあり品質の良い自転車を比較的お得な価格でご提供することができます。

​自転車をお探しのお客様へ

店頭に並べている自転車は当店で取り扱う自転車のごく一部にしか過ぎません。

「ここにあるのしか売ってないの?」とよくご質問を頂きますが、お店の展示スペースには限りがございますので店頭に置ける台数は限られてしまいます。(個人店のため大型店のように売り場面積が広くありません)

​当店はママチャリ系メーカーだけでもブリヂストン・ミヤタ・パナソニック・ヤマハ・マルイシ・サカモトテクノなどといった複数のブランドを扱っておりますが、1つのモデルだけでも「色違い」「サイズ違い」「仕様違い」と種類が多く取り扱う全ての自転車を店頭に並べることは現実的に無理があります。

しかも毎年モデルチェンジもあり、売れ残った旧型をメーカーへ返品できるわけでもありませんので店頭に置く自転車は回転率の高い「よく売れる自転車」が中心となります。

しかしお店にあるものだけで選んで頂くわけではなく、ご要望をお伺いしながらカタログからもお客様に最適な自転車をご案内してお取り寄せで対応もしております。

​簡単に見て回ってすぐに帰られる方もいらっしゃいますが、専門店の場合はお店の人に条件や用途など相談しながら自分に最適な1台を決めていくのが普通だったりします。

お探しの自転車やご要望などございましたらお気軽に声をお掛け下さい。

​おすすめブログ